BLOG

中小企業診断士・理論政策更新研修

2016年8月6日(土)
於 東京リーガルマインド福岡本校

経営コンサルタントの国家資格である中小企業診断士。企業ドクターとも呼ばれており、経営戦略、財務会計、人事労務管理、マーケティング、情報システムなど幅広い分野を網羅して中小企業経営者の方々を支援しているプロフェッショナルです。

中小企業診断士が資格を維持するためには、5年間で5回の更新研修を受講し、講義の修了証を取得しなければなりません。
アド・ストラテジーでは、中小企業診断士の方々に向け、理論政策更新研修の講師を受託させていただいております。

当事務所のコンサルティング・マネジメントクルーであるKenが、特に小売業のプロフェッショナルの立場から、最新のスーパーマーケット事情について、海外および国内の最新事例をご紹介しながら、小売業の不振店対策のポイントを解説させていただきました。
その後、ケーススタディによるグループディスカッションで、お互いの知識ナレッジを共有化するとともに、ご自信の診断スキルもブラッシュアップ!

この研修には、福岡県のみならず、鹿児島県、長崎県、大分県から中小企業診断士の皆様にご参加いただきました。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください